返せない金は借りれない

返せない金は借りれない

借金の基本原則に返せない金は借りる事が出来無い、という考え方があります。至極当然の考えではあるのですが、人は時にこれを逸脱してしまうのです。そして困った事に貸す側の方はこの事を考慮していません。個人の事情が全て把握出来る訳ではないので、配慮していないという部分もありますが、それとは違う本音もあるのです。消費者金融にとって一番のお得意さんは誰でしょうか。年収が高く巨額の利用をしてくれる人でしょうか。違います、お金に余裕がある人は直ぐに完済をしてしまいますので余り利益に繋がりません。一番のお得意さんは融資限度額が総量規制一杯で融資残高も限度額一杯借りてくれて、常に金利だけを払う人です。この人はずっと一番の利益を提供してくれますので、最大の利益を上げる事が出来るのです。ではこのような利用者はどのような状況なのでしょうか。総量規制一杯の融資額の契約をして、徐々に債務が膨らみ返済を私用にも余裕がありません。また余裕があっても返済に回してしまうと手持ちが少なくなってしまい苦しくなります。ですから、毎月最低返済額を返済したら直ぐに融資枠の余裕を借りるのです。こうしていれば負担しているのは金利だけですから多少余裕が出来て楽に感じてしまいます。しかし、この人は永遠に債務が減らないので永遠に最高の金利を負担し続ける事になります。長く続けばそれだけ利益になる最高のお得意さんとなっているのです。現在は総量規制が導入された為、このような事が少なからず起きています。こんな事を続けていく利用者は少なくはないのです。