少額短期完済や無金利利用

少額短期完済や無金利利用

カードローン利用方法でお勧めするのは少額短期完済を徹底する事です。例えば最大でも半年で完済する金額しか借入をしないと決めて、このルールを守るのです。何故このようなルールが必要かといえば、高金利な融資である為金額が大きくなると完済が難しくなるからです。そして金額に比して加速度的に完済までに負担する金利は増えてしまいます。この金利負担を出来るだけ少なくするには短期で完済する事と借入元本が小さくなくてはいけないのです。それでは役に立たないと言う人もいるのですが、カードローンは使わなくても立派に生活をしている人がいるのです。それを目指さなくてはいつまでもカードローンに依存した生活となるかもしれないのです。これは自己管理のマイルールとして行うものですから、徹底するのは困難かもしれません。しかし、徹底していれば債務の膨張は防げますし、管理出来ている苦しくならない借金を利用出来るのです。初回の金利が一定期間無利息となるカードローンもあります。とにかく利息や金利の負担をしないように心がけて欲しいと思うのです。金利は消費者金融にとって売上ですから、利益の中心になっています。無利息期間を設定しているという事はその間の利益が無くなってしまいます。何故そんな事が出来るのでしょうか。答えは単純です、誰も無利息期間に完済などしないのです。結果的に利息が発生して利益につながりますので、最初だけサービスしているのです。これを逆手に取ってとにかく無利息や金利負担を少なくする利用法を徹底すれば、カードローンの会社は儲からないのです。難しい事ではありますができない事ではありません。そしてこれが出来る人は預金が出来るようになると確信しています。