自己管理と預金の併用

自己管理と預金の併用

カードローンを利用したら、なるべく預金もして欲しいと思います。そんな余裕はないと考える人もいますが、幾らでも構わないので頑張ってみて欲しいのです。預金には二つのやり方があります。給料日に入ってきたお金を決まった額預金する方法と、普段の生活資金を節約して浮かせたお金を預金する方法です。どちらでも構いませんので、やってみて欲しいのです。私の友人の少々変わり者の男がいます。彼は若い頃お金はあるだけ使うタイプの人間でした。ある時車で自損事故を起こして、車両保険を使わない事にしました。しかし、修理費用が30万円程必要だったのでカードローンで工面したのです。ここからが彼の変わり者ぶりです。彼はカードローンの返済期日に一定額を支払うと決めました。それと同時に同じ額を預金し始めたのです。彼曰く、返済しただけ預金も貯まるので気分が良いと言う理屈です。もちろん遊ぶ資金や買い物が極端に出来なくなりました。暫くしてから彼は意気揚々と遊ぼうと誘って来たのです。話を聞くとカードローンを完済したので晴れて飲みに行きたいと言うのです。しかし、彼が返済していた金額ではまだ関西出来ていない筈なので、詳しく聞くと面白い言をいうのです。実は預金額がカードローンの残債を超えたので一気に返してしまったのだそうです。それならば返済額を倍にしていれば金利負担が少ないので、もっと早く完済出来たかもしれません。しかし、彼は返済させられている事と預金している事では、心の余裕がまるで違うというのです。預金があるから何かあっても大丈夫だと思えるし、溜まってきた金額を見て喜びも感じるのだそうです。倍額の返済をしていればきっと途中で嫌になってしまうのが目に見えていたというのです。かなり独自の面白い考え方ですが、一理あると思います。そして彼はそれ以後は預金が趣味になり、カードローンの利用はしませんでした。