無計画な利用

無計画な利用

カードローンの利用法で悪い例を幾つかご紹介します。まず始めは無計画なカードローンの利用です。カードローンは高金利な為、無計画に資料してしまうと返済がとても大変です。毎月の返済額が高い割には借り入れた元本の返済が少なくなってしまうのです。この為、何時まで経っても元本が減って行きません。こうした返済をしている最終に又借入をしてしまえば、結局何時までも返済が進まなくなってしまうのです。無計画にお金を借りるということは、ある意味では思考停止をしている証拠です。借りたお金は返済する義務を負いますから、借りる時には返す事を想定していなくてはいけないのです。この基本原則を考えずに借りれば、未来は見えているも同然です。それは多重債務は返済不能に陥り困った事態となるのです。少なくとも自分の収入は決まっているのですから、その中から返済に当てられる金額は限りがあります。つまり返済に使えるのは有限なのですから、借りれるお金も有限だという現実を忘れないようにしましょう。大丈夫何とかなる、ということはほぼ無いでしょう。無計画にカードローンを利用したツケは確実に自分に回ってきますので、利用する場合は慎重に計画を立てなくてはいけません。どんな理由があっても、それを無視する事は自分の首を絞める行為になるのです。個人的に私が借金で決めている事があります。それは返せる分しか借りない、という事です。小学生でも理解出来る簡単なルールですが、これはとても大事な事なのです。