総量規制

総量規制

総量規制とは貸金業法で規定された一人に利用者に対する融資総額の規制の事を言います。具体的には年収の3分の1までしか融資する事が出来ません。この規制額は一社だけではなく、貸金業法管理下の融資契約が総額で規制されます。つまり年収300万円の人は1社で100万円の契約をすると他社では契約が出来なくなります。50万円の契約だった場合は他社で契約出来るのは残りの50万円までとなります。総量規制は過当競争をして利用者に対して収入に見合わないような融資を行わないように対策されたものです。以前の消費者金融が競うように契約を行い一人の利用者が数百万円の負債を負ってしまうことが少なくありませんでした。そのような事が起きないように全体として融資できる額を規制しているのです。貸金業法は消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングを管理しています。つまり、貸金業法で管理されている業者は全てこの総量規制の影響を受ける事になるのです。一方で同じカードローンでも総量規制の影響を受けない場合があります。それは銀行が行なっているカードローンです。銀行は銀行法の管理下にありますので、貸金業法とは関係しません。その為、銀行のカードローンは総量規制対象外なのです。消費者金融は銀行のカードローンがあっても契約には影響しません。しかし、銀行のカードローンは諸費社金融の借入があると契約が難しくなります。これは総量規制の影響ではなく、銀行自体の審査基準が比較的高く設定されており、借入の敷居が高い事に起因しているのです。