在籍確認

在籍確認

在籍確認とはカードローンの申込時に申告された勤め先に在籍しているかの確認を行う事です。大抵の場合は電話で行われますが、本人が電話にでる必要は無く、在籍していることが確認出来れば良いのです。通常は個人名を名乗ったり、金融会社とは分からないような社名を名乗っているようです。職業によっては簡単に電話に出る事が出来ない環境もありますので、あくまでも嘘の勤め先を書かれないようにする為に行われています。以前は申込書に勤め先を書いたとしても確認の電話が来る事はありませんでした。しかし、既に退職した勤め先を記入したり、全く働いた事がない勤め先を記入して契約をごまかすような事が出来ないようにしているのです。これには、安定した収入がある人と契約すると言う基本条件を確認する意味があります。少なくとも、在籍していれば仕事をしている訳ですから収入がある筈だと考えているのです。実は在籍確認も曖昧な部分があります。必ずしも電話確認がある訳ではなく、無い場合もあるのです。しかし、在籍確認があるかもしれないという前提があれば、大抵の人はちゃんと勤め先の情報を書かなければならず、嘘の申告を予防出来るのです。現在はクレジットカードの申し込みでも在籍確認がありますので、電話が普段来ない環境の勤め先の人はローンやクレジットカードの電話が来ると事前に行っておけばあまり問題になることはないと思います。同じような名前が多い職場では間違いのないように事前に注意しておく必要があるかもしれません。