カードローンの契約条件

カードローンの契約条件

カードローンを契約する際の条件が幾つかあります。まずは安定した収入がある事が必要とされます。これに関しては、アルバイトやパートでも良いとされています。業主婦の場合はご自分の名義だけ契約は出来ませんので、ご主人の審査や書類を必要とします。次に勤め先に連絡がつくことが必要とされます。架空の勤め先を申告しないように対策する為に行われる措置です。そして、当然ながら借入れに関する悪い情報がない事が条件となります。借入行為を行うと信用情報機関にデータが登録されます。その内容がまずい状況になっているとカードローンは契約が出来ないのです。他の借入の返済が滞っているとすぐに分かりますので、まず契約はしてくれません。また信用情報には債務整理の情報やブラックリストの情報も記録されますので、これらの情報が記載されていても契約は出来ない事になります。そして、本人確認や住所が確認出来なくてはいけません。つまり、住所不定や名称不定では契約が出来ないのです。カードローンの契約では、お金を借りる事が前提となっていますので、確実に返済をしてくれる人に対して契約を行うのです。以前はかなり甘い審査をしていましたが、現在では結構シビアに見られるようになっているのです。お金を貸す以上は確実に返済をしてくれる人と契約をして、より安全を追求するようになってきたのです。他人の名義を利用したり、架空の情報は大抵対策されて通用しませんので、悪い事は出来ないと覚えておきましょう。