カードローンとは

カードローンとは

カードローンとは無担保で契約し、設定した上限金額内で自由に借入や返済が出来る融資システムです。比較的高金利な場合が多く利用に注意が必要な場合が多くなりますが、商品によってはかなり安い金利を適用している場合もあります。無担保であるという事は保証人や不動産担保を必要としませんので、お金を融資する側にとってはリスクの高い融資なのです。そのリスクを高い金利で補っているのがカードローンの基本的な仕組みなのです。カードローンは当初消費者金融によって運営されていました。しかし、現在では銀行が行なっているカードローンも多数あり、その垣根はなくなっています。ただし、表面上では銀行系列の消費者金融なのか、銀行が直接行なっているのかは分かり難い場合があります。銀行のカードローンは適用される最高金利が安く設定されている事が多いので、一つの基準として見る事が出来るかもしれません。銀行なのか、消費者金融なのかの違いは、後に説明する総量規制に関わってきます。規制がある融資と帰省がない融資ではその内容がかなり変わってしまうのです。しかしながら、規制が無い事が利用者にとって有利だとは言えない部分もあります。何故ならば規制が無いカードローンは審査が厳しくなってしまう傾向が強いからです。少なくとも規制が無い事が有利に働かない場合もあるのです。カードローンの特徴を学ぶ事で自分に必要な商品を知り、選択出来れば便利に使う事が出来るようになるかもしれません。