年収証明書 不要 カードローン

 

年収証明書が不要になるカードローンを考える top

カードローンとは契約に基づきカードを発行し、設定された金額内での借入や返済が自由に行える融資システムです。以前は何の規制も無しに契約が出来ましたが、現在では一定の所得がある事が条件とされて、その証明をしなくてはいけません。

 

しかしながら、全ての契約で年収証明書を必要としている訳ではなく、一部の条件を満たせば省略される事があります。カードローンの契約において年収証明書を要求されるのは、消費者にとっては面倒であり手間になってしまいます。出来ればその様な書類を準備せずに契約したいところですが、具体的にはどのような条件で省略されるのかを具体的にご紹介したいと思います。

 

また、カードローンの歴史や利用法についてもご紹介していますので、今後のカードローンとの付き合い方の参考に読んで頂ければ幸いです。カードローンは登場以来、消費者にとって必要なものとして受け入れられてきました。

 

しかし、数多くの問題もはらんでおり、安易に考えてしまうと人生が狂ってしまう危険性があります。自分は大丈夫だと考える人は多いのですが、現実には多くの人がカードローンと付き合う事で苦しんでしまう結果になるのです。人の気持ちや決心は常に同じ状況を維持出来ません。人は常に揺れ動いてしまうからです。

 

そんな時に取り返しの付かない事態に至る事を気づかずに徐々に道を誤ってしまうかもしれないのです。これを避ける為には知識を得て、危険性を知り、自分を揺れる存在だと認識した上で管理しなくてはいけません。

 

カードローンは悪いものだと決めつけて知識を得ないのは、ある意味ではとても危険な考え方です。カードローンを良く知り、その危険性も知る事で、どのようにカードローンを向きあうのかを自分で決断する必要があるのです。カードローンが自分の人生を助けてくれる場合もあります。また自分の人生を壊してしまう事もあります。それを決めるのはカードローンでは無く、自分自身だという事を理解して欲しいと思います。

年収証明書が不要になる場合

カードローンの申込時に年収証明書が不要とされる場合がありますが、ほぼ確実に年収証明書が要らない条件をご紹介します。

 

まず、カードローンの契約が初めてで、他の借入が少なくて、申し込み金額が各社の基準以下の場合が年収証明書が必要となりません。
年収証明書不要 年収証明がいらないカードローン特集
この後の項目で具体的な数字を紹介していますが、カードローンを行なっている各社では年収証明書を必要としない基準を設けています。この数字は会社毎の独自の基準になりますので、申し込みをする前に調べてみると良いでしょう。

 

信用情報に登録がないような、借入が全くない人の場合はまず問題無く収入証明を省略できると思います。また、借入があった場合でもその総額が大きくなければ特に問題にはなりません。

 

住宅ローンのような担保ローンの場合は全体的な収入を圧迫しますが、カードローンでは余り問題とならないようです。ただし、銀行の審査の場合は全体の支出バランスも見ていますので、住宅ローンがある事が問題となる場合もあるかもしれません。

 

パートやアルバイトでもカードローンの契約は出来ますが、申込書に書いた年収が低いと収入証明を必要とする場合があります。これは総量規制の数字を確認する為にも必要になりますし、現実的にパートやアルバイトでは収入が限られている為です。

 

また、年収証明書を省略出来ると案内している場合でも、審査結果により提出を要求される場合があります。その場合も考えて対処を準備しておいたほうが良いかもしれません。

自分を苦しめない為の考え方

個人的に借金についてこのように考えるようにしていますが、借金とは未来の自分のお金を使う行為だから、未来の自分が困る程借りてはいけないというのが基本だと思います。

 

消費者金融からお金を借りているとしても、それを返済しているのは未来の自分です。つまり、未来の自分が返済しているという事は消費者金融が間に入っていますが未来の自分のお金を使っているのです。預金はこの逆の考えになります。

 

今あるお金を使わずに未来の自分に残してあげる行為が預金なのです。この二つを比べてどちらが良いか判断に困る人はまずいないでしょう。私が友人からお金を借りる時に最低限の金額にしています。もっと貸せるよと言われた時にこう言っているのです。

 

未来のお金を使いたくないから大丈夫、何とかなるから。自分の未来のお金を使い過ぎれば、困るのは自分です。未来の自分の首を絞める行為をしたいと思う人は余りいないでしょう。根本的に借金は全てこの考え方が通用します。

 

しかし、借金でしか出来ない事もあります。ですから、借金を否定するのでは無く、自分が窮地に陥るような事をしないように考えているのです。そして未来の自分に余裕があればかなり助かると思います。だから預金をして未来の自分を助けたいと思うのです。

 

物事には程よい頃合いが存在していますが、それを自分基準で考える事で適度なラインを維持したいと願っているのです。この考え方は真理とも言えます。参考になさって自分を大事にしてあげて欲しいと思います。